仮想通貨バブルが崩壊する時

仮想通貨バブルが崩壊する時

■最近ではテレビのニュースや新聞等でも、仮想通貨という文字を目にする機会が珍しくありません。お陰で特に興味がなかった人でも、どう いった通貨かは良く分からないけど上手く投資すれば大儲けが出来るといった捉え方をしている人が多いです。

kocoro-06.gif現在既に世界中ではかなりの数 の仮想通貨が存在しており、中には価値がどんどん暴騰している通貨もあり投資した人が実際に大儲けをした例は少なくありません。そういっ た形で投資すれば大儲け出来るといった情報が広がった事で、投資する人が増えてバブルと言える程に激しく高騰している通貨は幾つもありま す。なので大儲けが出来る可能性がある投資先として魅力を感じている人は、着実に増えているのです。

ただし大儲けが出来るからといって、 誰もが簡単に儲けを得られる訳ではありません。大きな儲けが得られるという事は安く購入して高く売却している人がいる一方で、高く購入し た挙げ句に安く売る羽目になっている人もいます。仮想通貨は投資の対象となっている以上、損をするというリスクもあるので注意が必要です 。しかも投資先として注目を浴びている通貨だと値動きが激しいので大儲けが期待出来る反面、急落するというリスクもあります。

お陰で大儲 けするつもりが、逆に大損してしまうケースも珍しくないです。 そんなバブル状態となっている通貨への投資ですが、かつて日本で起こった土 地神話の崩壊と重ねて危惧する人が少なくありません。バブル期の日本では土地の価値が下がる事はないという神話があり、土地に投資する人 が多くいました。ですが日本の景気が停滞すると共に、ずっと上昇を続けていた土地の価値が急激に下落を開始したのです。その結果、土地神 話は完全に崩壊してしまって神話を信じて投資していた人が莫大な損害を被る事になりました。

土地という明確に形のある物でさえ、神話が崩 壊して下落に転じてしまったのです。仮想通貨の様に実体がない物に対する価値が、上昇し続けると考えるのは甘い見立てであると言えます。 実際に投資している人の中には通貨に将来性や価値を見込んでいる訳ではなく、大儲けした人がいるから自分もという甘い考えの人も少なくあ りません。そういった人達が群がってバブル状態になっている以上、バブル崩壊を始めた際には一気に価値が下落してそのまま上昇しなくなる 恐れは十分にあります。

問題は仮想通貨バブルの崩壊が、どういった切っ掛けで始まってしまうかです。土地神話の崩壊等の過去の例から見る と、投資家達が夢からさめる以前に政府が規制に走り始めた時に危険信号が点灯すると言えます。政府というのは適正とは言えない程に高騰し てしまった物に対し、制限を設けて投資を規制する事が珍しくないです。 実際に仮想通貨の急激な価値の上昇に危惧を抱き、世界中の様々な国 の政府が投資に制限を設けようとしています。既に制限に動き出した政府も、少なくないです。なので投資への締め付けを行う国が増え始めた 所で、バブル崩壊が起こる可能性は高いと言えます。


関連記事

  1. 仮想通貨で売買して稼ぐには?
  2. ビットコインでなにができるの!?
  3. 仮想通貨バブルが崩壊する時
  4. 580億円流出のコインチェック補償は?
  5. 自民党が規制強化で仮想通貨取引のルール作りを開始
  6. 仮想通貨「ブロックチェーン」の凄さとは?
  7. ビットコインやネム(NEM)の買い方

コメントする